男の人

故人を静かに偲ぶなら家族葬がおすすめ|親族だけで行う葬儀

思い出の品を探す

ダンボール

兵庫の遺品整理サービスでは、亡くなった人の思い出の詰まった貴重品を探し出してくれます。手紙や写真などの思い出の品や通帳や現金などの財産類の探索や整理をしてくれます。兵庫の遺品整理サービスでは、作業には経験を積んだプロがあたり厄介な消臭作業もしてくれます。

Read

アットホームなセレモニー

お葬式

変わるセレモニーの形

近年、日本の社会全体では家族の形態として核家族化が進み、その一方で人々の平均寿命はおや大幅に伸びて、超高齢化社会と呼ばれる時代を迎えています。そんな時代であるが故に、おのずと人生の最後のセレモニーである葬儀というもの自体にも昔とは違う変化が生まれています。一般的に葬儀といえば、故人の自宅や斎場を借りて、家族や親族をはじめ、仕事関係者や親しい友人知人が参列するという形式が多くとられていました。しかし現在では、家族葬という形での葬儀を希望する人が増えています。葬儀の主役は故人ということになりますが、その段取りや進行等は当然遺された遺族の役割となります。近年ではなるべく故人の希望に沿ったセレモニーが行えるよう、生前に遺言という形で自身の希望を伝える人も増えています。

高齢化社会の影響

奈良県やその他全国の都市に置いて、家族葬の割合が増えている理由の1つとしては、超高齢化の影響もあります。故人が高齢化により逝去した場合、多くの場合はその知人や友人など周囲の人々も同じように老いているケースが圧倒的で、葬儀への参列も難しくなってきている現状があります。奈良県内でも若者はすべて街へ出てしまい高齢者のみの世帯となっているような地域がありますが、日本全国どの都市にも若者は都会に集まる傾向があるため、高齢者世帯が密集している地域は奈良県にとどまりません。このような高齢者の多さが、家族葬の数が増える要因にもなっています。また、通常のセレモニーを行うためにはある程度のスペースがある斎場が必要ですが、家族葬はアットホームな雰囲気の比較的小さいスペースで行う為、土地スペースも小さくて済むので、建物が密集する奈良の中心部にも家族葬専用の斎場が増えています。

故人の遺品処分なら

男女

福岡の借家で生活していた親族が故人になった際に利用したいサービス業者、それが遺品整理専門業者や便利屋などの遺品整理のサポート作業を行ってくれる業者です。福岡では複数の業者のサービス対象エリアであるケースが珍しくはないため、見積もりを出してもらった上で、依頼する業者を決めるといいでしょう。

Read

故人を見送るために

葬儀

故人を見送る葬儀には、一般葬や一日葬、家族葬などのプランがあります。いざという時に、依頼する葬儀社を事前に決めておく生前予約を行う人が増えています。東大阪市で葬式をする場合は、インターネットなどで情報を集めるとスムーズに葬式を進めることができます。

Read